読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

E rythmique piano souriante

Eリトミックピアノ スリアン

リトミックについて

リトミックって言葉には聞いたことあるけれど、

そもそも何なんだろう?

と疑問に思われる方も多いと思います。

 

リトミックは、音楽で楽しく遊びながら、

子どもたちの持っている

あらゆる能力を

引き出すための教育です。

 

知識教育(文字の読み書き、英語教育…など)を水、

人間教育(表現力、集中力、創造力…など)をコップとします。

 

小さなコップにたくさん水を注ぐと

どうなることが想像できますか?

 

すぐにいっぱいになってしまい、

水はあふれてしまいますよね。

 

幼児期に大切なこと、それは

将来に備え

コップを大きくすることなのです。

 

では、具体的にリトミックのレッスンで

どのようなことをするのか、

Step3のレッスンを例にご紹介させていただきます。

 

「うさぎさんになってお散歩に出かけましょう♪」

と、先生がピアノを弾き始めます。

子どもたちは、先生のピアノの音を聞きながら

うさぎになってお散歩します。

 

すると突然ピアノの曲が変わります。

子どもたちはピアノの音を聞いて、即時的に反応します。

うさぎの次は、りすになる曲になったとしましょう。

 

「あ、りすさんがきたね!色んなりすさんがいるね♡」

りすの動きは決まっていません。

色んなりすさんがいて良いのです。

SMAPの"世界に一つだけの花"という有名な曲がありますが、1人1人違って良いのです。

事前に動きが決められているお遊戯とは異なる、

リトミックの1つの特徴です。

 

また突然ピアノの曲が変わります♩

今度はぞうの曲になったとしましょう。

「とっても大きなぞうさんがきたね!どっしんどっしん…」

 

というように、

子どもたちは音楽に即時的に反応し、次々と自分の中のイメージを表現していきます。

そうすることで、

素直な心と同時に

強い意志を育てます。

 

またこの活動は「うさぎ・りす・ぞう」という動物を用いて、音符を表現しています。

・うさぎ…四分音符

・りす…八分音符

・ぞう…二分音符

というように、

この段階では音符そのものの

名称を教えることはしませんが、

将来の学んでいただきたい学習に向けて、

必ず繋がっています!

 

また、Eリトミックピアノ スリアンでは、

ピアノコースでもリトミックの要素を取り入れ、

黙々とピアノやノートに向かうだけでなく、

全身で音楽を感じ、

楽しくレッスンができるように

と考えています。

 

私自身がリトミックに出逢って4年が経ちました。

リトミックは本当に楽しい!

人間的に成長できる!と自信持って言えます。

それを出来るだけ多くの方にお伝えしたいのですが、

なかなか言葉で伝えること・理解してもらうこと

が難しいのがリトミックでもあります。

 

そこで、

4月に無料体験レッスンを実施させていただきます。

是非一度、一緒に楽しくリトミックをしてみませんか?

 

※詳しくはこちらをご覧下さい。