読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

E rythmique piano souriante

Eリトミックピアノ スリアン

七夕★レッスン②

もうすぐ

生徒ちゃんたちにとっては

嬉しくてワクワクする一週間ですね!

 

お母様方にとっては…

なかなか複雑なお気持ちでしょうか?!(汗)

 

毎日暑くてバテてしまいそうですが、

せっかくの季節なので、

熱中症など体調には気を付けて、

元気に夏を満喫したいところです!

 

ちなみに私は花火大会が大好きなので、

今年も楽しみにしています

 

 

さて、

少し間が空いてしまいましたが、

先週ピアノコースでも

七夕レッスンをしました。

 

内容をご紹介させていただきます。

 

まず、おなじみの

たなばたさまを歌いました♩

幼稚園の生徒ちゃんも上手でしたが、

小学校の生徒ちゃんもバッチリでした!

 

次に、リズム分析をしてもらいました。

 

リズム分析と文字にすると

難しく聞こえてしまいますが、

たなばたさまの曲は、

「どんなリズムが使われているか調べてみよう!」

と言った感じです。

 

生徒ちゃんの進度によって、調べる方法は様々です

 

たなたばたさま

〜1番の歌詞*4小節〜

【ささのは さらさら】

の部分を例に、分析してみます。

 

①【ささ】と歌うリズムをリズム唱で読んでみると、

 「タンタン(ターター)」です。

    

 *リズム唱とは、音の高さを付けずに音符を読む方法です。

 *( )内はリトミックで使っているリズム唱です。

 

 「タンタン」…四分音符・四分音符

  f:id:erythmique-piano-souriante:20160713145619j:plain

 というリズムの塊があることが分かります。

 

 *このリズムの塊をリズムパターンと呼びます。

 

 【ささ】に続く【のは】も、

 同じ①のリズムパターンです。

 

②【さーらさ】と歌うリズムのリズム唱は、

 「タンタタ(ターティティ)」です。

 

 「タンタタ」…四分音符・八分音符・八分音符

  f:id:erythmique-piano-souriante:20160713145910j:plain

 というリズムパターンです。

 

③【ら】と歌うリズムのリズム唱は、 

 「タンウン(タースン)」です。

 

 「タンウン」…四分音符・四分休符

  f:id:erythmique-piano-souriante:20160713145646j:plain

 というリズムパターンです。

 

この作業を最後まで続けると、

『たなばたさま』は

①②③の3つのリズムパターンだけが

組み合わさってできている曲なんだ!

ということが分かります。

 

そして、

ここからがお楽しみポイント♩

 

写真のように、

フープとリズム積み木を用意します。

 f:id:erythmique-piano-souriante:20160713150056j:plain

 

私がピアノを弾きながら歌を歌うので、

子供たちは楽譜を見ながら、

リズムパターンのフープに

ジャンプして移動していきます。

 

もちろん歌いながら動いても構いません♩

 

【ささのは】と歌う

 ①のリズムパターンは紫のフープにいて、

【さーらさ】と歌う

 ②のリズムパターンでオレンジのフープに移動して、

【ら】と歌う

 ③のリズムパターンは急いで青いフープに移動する

という流れです。

 

文章でお伝えするのが難しく、

意味が分からなかったらごめんなさいmm

 

失敗しても楽しい♩

成功したらもっと楽しい♩

 

そんなゲーム感覚で行いました。

 

最初はゆっくりだけど…

だんだんスピードアップ!!!

にこにこ笑顔度もアップ♡♡♡

 

ゲーム感覚と言いつつ、

楽譜を目で追う練習になり、

フープに移動する動きを伴うことで、

音楽を身体で感じることができると考え、

チャレンジしてみました。

 

楽しかったって言ってもらえたので、

大成功?かな…

 

最後は、

短冊に願い事を書いて終わりにしました。

f:id:erythmique-piano-souriante:20160713154232j:plain

 

短冊の紐は、

祖母から教えてもらった、

葉で出来ています。

 

コレです↓

f:id:erythmique-piano-souriante:20160713154320j:plain

  

固そうな大きな葉なのですが、

縦に細く裂いていくと、

柔らかくてとても結びやすいのです。

 

また笹の葉にも自然に馴染む色なので、

違和感がありません。

 

昔の人の知恵って、

本当にすごいですよね。

 

学校や街のイベントで、

短冊を書く機会は多いとしても、

このような葉を使う機会は少ないのでは?と思い、

生徒ちゃんたちにも、

実際に大きな葉を見てもらった後、

笹の葉にかけてもらいました。

 

f:id:erythmique-piano-souriante:20160713150116j:plain

短冊が増えて豪華になりました

 

生徒ちゃんたちの

素敵な願いごとを眺めているだけで、

笑顔になれました。

 

thank*you