読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

E rythmique piano souriante

Eリトミックピアノ スリアン

音を表現すること

愛知県豊明市の小さなお家にある

リトミック・ピアノ教室

Eリトミックピアノ スリアンです。

 

 

10月に入り、

もう10日も経っていました!

すっかりですね。

 

もう少しこまめに更新したいと思いながら、

やっぱりマイペース…(笑)

つい長くなってしまうので、

読んでいただきやすい長さに心がけて、

更新ペースを上げていきたい!…気持ちです(笑)

 

 

突然ですが、

この写真を見て、何に見えますか?

 

f:id:erythmique-piano-souriante:20161010222405j:plain

 

そして、これを弾いてみましょう♩

と言われたら、

どんな音を表現しますか?

 

先日受講した、

ピアノ講座の課題です。

 

大人になると頭がかたくて、

何にも見えてこないんですよね!(笑)

 

頭を柔らかくして、

唯一見えたものを表現しましたが、

なかなか難易度が高い課題でした。

 

音を表現するって、難しいですね。

 

こういった自由な表現に関わらず、

AさんとBさんが

同じピアノで、

同じ曲を弾いたとしても、

同じ音楽には絶対にならない。

 

指や腕の使い方は

人によって違いますし、

曲に対する想いも違うからだと思います。

 

先日、

テレビを見ていましたら、

ピアニスト反田恭平さんの特集をしていました。

 

演奏や生き様に感動し、

普段はあまり集中しないテレビを

30分齧りつくように見ていました。

 

特に、

指や腕の筋肉の付き方に驚きました。

 

指の訓練に使う「ハノン」を

ゆっくりと弾いて、

指がどの筋肉を使って動くか

という練習をされていたのも勉強になりました。

 

どんなに気持ちが込められていたとしても、

最終的に音を出すのは、ですから、

様々な音を表現するには、

そういった訓練も日頃から欠かせませんね。

 

「ピアニストの筋肉と奏法/マリナ・フェレイラ」

という本にも、こんな文章がありました。

 

     *

わたしたちが生まれたときに

「身体の取り扱い説明書」はついてきません。

    (中略)

だからこそ、自分で選んだ楽器で使用する身体の

部位については、その機能などを多少は

学習する必要があるのです。

     *

 

私もまだまだ未熟ですが、

知識を深めていきたいところです。

 

 

〜無料体験レッスン♩募集中〜

 

 Eリトミックピアノ スリアン

  随時、受付中です

  ホームページよりお問い合わせ下さい

  *当教室のホームページ→こちら

 

 ヒューマンアカデミー

 カルチャースクール三洋堂いりなか

  ・10月13日(木) 14:00〜14:30 1〜3歳

  ・  〃   14:30〜15:00 4〜5歳

  ・10月27日(木) 14:00〜14:30 1〜3歳

  ・  〃   14:30〜15:00 4〜5歳

  ホームページよりお申込み下さい

  ヒューマンアカデミーさんのホームページ→こちら